直心流について

直心流について

jiki001.JPG
昭和27年、香道研究会として発足。
昭和52年、香道直心流と改組。
流祖初代家元松崎雨香が、元々所属していた志野流を離れ、
広義香道の普及の為創設。

当時、浅草寺中興の祖といわれた、
今は亡き清水谷恭順大僧正を会長に迎え、
大学教授、西山松之助先生など、
多数の後援者の支持のもとに結成されました。

今ではカルチャーセンター等に教室を開くのが当たり前のようですが、
当時青山にあったNHK文化センターに多くの受講生を集めたのが、
その最初と思われます。